エクセル簿記/ExcelB のはてな?

会計ソフト エクセル簿記/ExcelBのお役立ち情報です。
事業専用割合を少数まで入力したい
エクセル簿記 Ver.3.5 以降、この問題は改善されていますので、そのままお使いください。

Ver.3.4 以前をお使いの方は、新しいバージョンに切り替えるか、必要に応じて以下の対応をお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

決算書に減価償却資産の事業専用割合を入力する列があります。


エクセル簿記Ver.3.4以前は、事業専用割合に関する法令等の定めが無い事から、整数入力としていました。
ただ、国税庁の確定申告書等作成コーナーなどでは、小数第2位まで記入出来るため、小数まで入力したいという方もいらっしゃるようです。

そこで、事業専用割合を少数まで入力出来る方法をご紹介いたします。

まず、シート保護を解除します。


次に対象のセルを選択します。


入力規則の解除をします。
「データ」→「データの入力規則」


→「設定」タブ→「すべてクリア(C)」→「OK」


さらに、対象のセルを選択したまま
右クリック→ セルの書式設定(F)


→「表示形式」タブ→「分類(C)」をいったん「標準」に変更


次に、ふたたび「ユーザー定義」を選択
そうすると、種類(T)の欄に「G/標準」と表記されます。


そこに、 "%" の半角文字を追加します。

種類(T)欄が、 G/標準"%" の表示になったことを確認→ 「OK」


最後にシートの保護をしてください。
これで、少数までの専用割合が入力出来るようになりました。


以上になりますが、Ver.3.5以降では直接入力出来ますので、切り替え時は最新版をお使いください。

よろしくお願いいたします。

 
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
前年期末残高
決算書3(または減価償却)シートは、償却費を自動計算してくれる便利なシートです。


ただ、前年の期末残高を転記する列もあるので、転記作業や残高そのものを忘れてしまうこともあるようです。


エクセル簿記は、年度更新機能で転記作業を省略したり、〔台帳〕シートで残高を確認することが可能です。
ここでは、前年期末残高の確認方法をご紹介します。

〔台帳〕シートを開き、知りたい償却資産を選択します。


帳簿価額の下から2段目が、前年度の期末残高です。
これを決算書3(または減価償却)シートの(ル)前年期末残高に転記すれば良いです。



以上になりますが、償却資産数が多いと転記作業も大変だと思います。

エクセル簿記の年度更新機能は、これらを自動転記してくれます。
詳しくは標準マニュアルをご覧ください。
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
対応する償却方法
エクセル簿記/ExcelBは、Ver.3以降、次の償却方法に対応しています。

定額法、旧定額法、
200%定率法、250%定率法、旧定率法、
一括償却資産、繰延資産


定額法、定率法の新旧は、取得年月日で自動的に判別しています。

平成19 年3 月31 日以前に取得した場合


平成19 年4 月1 日以降に取得した場合


一括償却資産は、「減価償却資産の名称等」欄の出だしに「一括償却資産」と入力することで判別・計算しています。
複数行に一括償却資産を入力する際は、「一括償却資産(24 年)」「一括償却資産(25 年)」などとして追加してください。
また、繰延資産は償却方法欄を未記入にすることで判別しています。
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
償却済みの資産を削除する
エクセル簿記は、Ver.3.3から償却済み資産の削除が簡単になりました。

以下に例示しますので、参考にしてください。

決算書のライトバンが償却済みとなったので、除却してみます。
この作業は年度更新の前に行います。


まず、シート保護を解除します。
次に「ライトバン」のセル位置を選択した後、右クリック → 削除を選択


行全体(R)を選択 → OKをクリック


これで、ライトバンの行が削除されました。


次に、削除した行数分の行を挿入します。
最下段のセルを選択 → 右クリック → 挿入を選択


行全体(R)を選択 → OKをクリック


以前の行数に戻したら、シート保護をしてください。


以上になります。
年度更新を行うと、修正した決算書のデータが引き継がれます。
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
端数処理方法の選択
 エクセル簿記/ExcelB Ver.3.0から、減価償却費の端数処理方法を選択出来るようになりました。
 初期設定は「四捨五入」ですが、いつでも「切り上げ」や「切り捨て」に変更することが可能です。


 他ソフトからの切り替えや、確定申告書等作成コーナーなどの計算結果に合わせたい場合に重宝します。
 操作方法は最新の標準マニュアルでご確認ください。
 
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
帳簿価額に1円が残ってしまう

ユーザーのお問い合わせから(一部、編集しています)


 今年度、減価償却資産の中で償却してしまうものがあり、本来なら帳簿価額が0になるはずなのに1円残ってしまった。


 償却方法によって異なります。
 定額法・定率法であれば、1円は備忘価額として残ります。
 以下の5ページを参考にしてください。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/36.pdf

 一括償却資産や繰延資産であれば、最終年度は0円になります。

 エクセル簿記/ExcelB Ver.3.0から、一括償却資産の入力も可能になりました。
 入力方法は、マニュアルをご覧になるか、記入例ファイルを参考にしてください。

 

| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
減価償却資産を消去、追加する
エクセル簿記Ver.3.2以前の「減価償却費の計算」のシートをお使いの方へ

 除却等のため減価償却資産のデータを消去する場合、行削除すると他の行でエラーが発生しますのでご注意ください。
 減価償却資産の消去は、緑色セルのデータを「Delete」キーで消去するのみとします。


 また、新たに減価償却資産を追加する場合は、データを消去した行や、空いている行に記入します。

 その際、右側の勘定科目欄も併せて記載しておくと、記入行のみを表示させ、空き行を非表示にすることが出来ます。


<記入行のみを表示させる>
 シート右上の(@_@)マーク下にある▼ボタンをクリックすると、フィルターボックスが表示されます。
 この中の(空白セル)のチェックマークを外して、OKボタンをクリックしてください。


 そうすると、空き行は非表示になり、勘定科目を記入した行だけが表示されます。

 但し、この方法はカッコ書きの償却保証額が正しく表示されない点にご留意ください。

 なお、最新版行削除が可能になりましたので、年度更新データの移行時には最新版をご利用下さい。
 
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
償却の基礎になる金額
 決算書の「償却の基礎になる金額」欄は、記載方法が指定されていて、年度により金額が変わることがあります。

「償却の基礎になる金額」を計算する場合、以下の4〜5ページ等を理解しないといけないのですが非常に煩雑です。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/36.pdf

その点、エクセル簿記は、自動的に判断して表記が変わるように設計されていますので安心してご利用ください。
 
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
取得価額が入力できない

 〔〕シートの取得価額欄は、セルがうまく選択できないと感じることがあります。
 このセルは、入力する際にちょっとしたコツがあります。


 下図のように、取得価額セルの左右どちらかのスソの部分をクリックするか、キーボードの矢印キー→ で移動してください。



 セルの入力が可能になります。
        
 エクセル簿記(減価償却専用)の場合、〔〕シートを〔減価償却〕シートと読み替えてください。
 

| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
資産売却時の処理について
エクセル簿記ユーザーの質問から(一部編集しています)

<質問>
 エクセル簿記(減価償却専用)のワークシート上での資産売却処分時の処理について教えてください。

<回答>
 一般的と思われる処理についてご紹介します。
 〔減価償却〕シートに売却した月までの償却費を計算させて、摘要欄に売却した旨を記載します。


 〔台帳〕シートは、売却時の記入は出来ないのですが、非表示シートの〔台帳様式〕シートを利用して作成することが可能です。

 まずは、〔台帳様式〕シートを再表示させましょう。
 再表示方法は、メニューバーから、書式(O) →シート(H) →再表示(U)を選択
 →再表示ダイアログボックスから「台帳様式」を選択 →「OK」を選択 です。

 後は、〔台帳〕シートから、必要データをコピー&ペーストで〔台帳様式〕シートに張り付け、必要事項を追加記入してご利用ください。



 なお、以上の取引は、全て仕訳帳への記入が必要になります。

 仮に、機械装置の期首残存価額が30,000円、売却時の減価償却費が5,000円、売却額が22,000円(現金)、直接法により仕訳するとしますと、

 減価償却費     5,000  /  機械装置   5,000
 現金       22,000   /  機械装置  22,000
 事業主貸※   3,000  /  機械装置   3,000

 という、仕訳になります。  

 ※法人の場合は、「固定資産売却損」になります。
 
| マニュアルを購入 | 仕訳を調べる | 問い合わせる | 減価償却2 |
qrcode
リンク
テーマ
最近の記事
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
【送料無料】使えるEXCEL・WORDフリー&シェアソフト(2012年版)
【送料無料】使えるEXCEL・WORDフリー&シェアソフト(2012年版) (JUGEMレビュー »)
エクセル簿記の全シリーズが紹介されました。
見開きで利用方法が解説されています。

本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
本・ソフトの紹介
管理者について
Feed